LGBTではないセクシャルマイノリティが色彩学目線で性を考えるレインボーセクソロジーの公式blogです

セクシャリティって何?

2018/09/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方都市在住のニッチ過ぎるセクシャルマイノリティ。身体、メンタル、スピリチュアル系を色々独学してきたことを自分なりに取り纏めて行きます。

こんにちは、にじの青です。

セクシャリティって、よく耳にしたり、目にする機会が増えたと思うんですが、

ぶっちゃけ、それって何?

って皆さん、毎回思ってませんかね?

セクシャリティって何語?

まず、セクシャリティって単語の意味ですが

グーグル先生に尋ねると、いろんな答えが返ってきました。

そもそも、セクシャリティ=sexuality

英語なわけです。外来語なわけです。

ということで、コトバンクさんから転用します。

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説を引用させていただくと、

https://kotobank.jp/ejword/sexuality
sexuality

[名][U]
1 性;性的特質;性的能力.
2 性に対する関心;性表現;性能力.
と記されています。名詞らしいです。
ちなみに、皆さん
セックスって意味、調べたことありますか?
同じくコトバンクから、プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説を引用すると、

sex

名]
1 [U]セックス, 性交
2 [U][C]性, 性別, 男女[雌雄]の別
3 ((the ~))((集合的))((形容詞を伴って))男性, 女性
  • the stronger [the male, the sterner] sex 男性
  • the gentle [the female, the fair, the softer, the weaker] sex 女性
 (注▼男女についての伝統的な表現で, 現在では避けられる).
4 [U](男女の)性徴;性行動;性的本能, 性欲.
5 性器, 外陰部.
━━[形]性の, 性による
━━[動](他)…の性別を見分ける, 雌雄を鑑別する.
[ラテン語sexus (secāre分ける+-tus過去分詞語尾=分けられること). △SECTION
もともと、ラテン語の分けるという意味のセクァレトゥスから派生して、
「区別する」
という意味から、
「交尾する」
へと進化したようですね。

セクシャリティって誰が使うの?

今このブログを読んでる人のなかで、

セクシャリティって言葉を使ったことある人は、

どのくらいいるんでしょう?

そもそも、誰が使うのか?

私は、セクシャルマイノリティなので、

身の回りの人たちよりも、セクシャリティという表現を多く使う方だと思います。

セクシャリティという表現

セクシャリティという単語を表立って使ったのは、

もうずいぶん過去になりますが、元俳優の成宮寛貴さんじゃないでしょうか。

彼は、直筆の引退声明文に「セクシャリティ」という単語を使っています。

それまで、セクシャリティという単語を使って、芸能人がメッセージを発信することはなかったように思います。
セクシャリティという言葉を使うのは、
とてもプライベートな部分について会話したり、
議論研究する場合が多いと思います。
だからこそ、成宮さんは敢えて「セクシャリティ」という単語を選んだのだろうと思います。

私の場合

私が「セクシャリティ」という表現を会話に使うのは、
性に関するある特定の志向や行動パターンなどについて、第三者へ説明するときや、
肉体の性別を超えた、心の性別に特化したグループ分けをするときが多いです。
そのことが特別だとも思いませんが、当たり前だとも思いません。
また、「セクシャリティ」という言葉を流行らそうとも思いません。
性についての価値観を変えたら、
「セクシャリティ」という表現に込められたいろんな思いが見えてくるはずだからです。

セクシャリティって、結局何?

で、
結局、
セクシャリティって何なんだよ?????
と思われた人へ。
英和辞典の引用にもありましたが、
セクシャリティとは、ありとあらゆる性的特徴や性的能力を指します。
性的な特徴と聞いて、何を一番に思い浮かべるか?
性的な能力と聞いて、どんな行動や行為を思い浮かべるか?
まず、そこから、「セクシャリティ」の多様性が生まれます。
female sexuality
女性らしいセクシャリティ、と表現すれば
あなたにとって「女性らしい」と思う特徴や能力を、
mannish sexuality
男性らしいセクシャリティ、と表現すれば、
あなたにとって「男性らしい」と思う特徴や能力を思い浮かべるでしょう。
その答えは、10人10通りあるのです。
肉体的な部位を挙げる人もいれば、行動パターンや志向をあげる人
さまざまだと思います。

セクシャリティは、人の数だけある

セクシャリティは、極論でいくと人それぞれ違うものです。

肉体には、染色体によって大きく2つの区分しかありませんが、

セクシャリティは、その人の持つ価値観と性に関する嗜好によって区分されます。

ヘテロセクシャル、ホモセクシャルという二つのセクシャリティにも

個人個人で見ていくと、同じホモセクシャルであっても、

ゲイ(男性×男性)とレズ(女性×女性)では志向も行動パターンも違うし、

ゲイだからといって、みなが皆、オネエ言葉でしゃべるわけでも、筋肉ムキムキなわけでもありませんし、

レズだからといって性転換手術をしてたり、男装し続けるわけでもありません。

自分のセクシャリティを無自覚のまま、社会や常識を優先してしまう場合もあります。

セクシャリティという表現にとらわれないことは、とても自然なことだと思います。

自分を認めることの一つに、自分のセクシャリティを認めることがあります。

空気と同じように、ただそこにある。

ただ、自分はこうだ。

セクシャリティは他人と比較したり、また他人から干渉されるものではありません。

あなたを表現する個性の一つ。

それが、あなたのセクシャリティです。

にじの青

この記事を書いている人 - WRITER -
地方都市在住のニッチ過ぎるセクシャルマイノリティ。身体、メンタル、スピリチュアル系を色々独学してきたことを自分なりに取り纏めて行きます。

Copyright© R28 学校では教わらない28才からの性教育 , 2018 All Rights Reserved.