LGBTではないセクシャルマイノリティが色彩学目線で性を考えるレインボーセクソロジーの公式blogです

色は個性、性別も個性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
地方都市在住のニッチ過ぎるセクシャルマイノリティ。身体、メンタル、スピリチュアル系を色々独学してきたことを自分なりに取り纏めて行きます。

色は個性

 

初めまして、にじの青です。

 

突然ですが、

 

あなたの好きな色は、

何色ですか?

 

あなたが選ぶ色は、

あなたの分身です。

私の好きな色=私の個性

私が好きな色は、青です。

好き過ぎて、名前に選ぶくらいに

私を表現してくれる色。

 

私の肉体的性別は、雌体。つまり、女性です。

 

ですが、

幼い頃から、私が自分で選んだ色は

常に青や緑でした。

 

特撮戦隊モノのメンバーだったら、

男性メンバーの色。(大昔に緑の女性メンバーがいた覚えがあるけれども)

 

今でこそ、カラフルなランドセルが当たり前ですが、

私が小学生だった時代は、

赤と黒の2色で、それぞれ一択。

 

女の子は赤いランドセル。

男の子は黒いランドセル。

 

そんな時代に、

赤やピンクのお洋服や小物類を

自分から選ぶ事はほぼありませんでした。

 

ついでながら、フリルもフワフワしたデザインも苦手です。

 

10代、20代と成長して行くにつれて、

 

自分が選ぶ色は、

世間的には男性が選ぶ色が多かったこと。

 

何故だろう?とは思うけども、

やはり、無意識に選んでいるのは

 

青や紺、緑、白、黒色

ときどき、オレンジや黄色

 

自分で買ったピンクの持ち物は、

スニーカーが1足くらい。

これもある理由があって、敢えて選んだモノです。

下着も、筆記用具も、

黒、紺、青、白が圧倒的に占めています。

 

そのくらいに、私の身の回りには

青や紺が溢れています。

 

空の青も、海の青も、私の心をわしづかみにする自然からの贈り物です。

色について、学ぶことで

 

何故、自分が青に惹かれるのか。

青が好きで好きでたまらないのか。

 

少しづつ、理解してきました。

 

あなたが選ぶ色はあなたの個性

 

さて、ここまで読んでいただいて、ご自分の身の回りには何色が多いか?をざっと見渡してみてください。

 

暖色系、寒色系、モノトーン、アースカラー

何かしらのパターンがあることに、ご自分で気づかれるかと思います。

 

どの色を選ぶからすごいとか、そういう話ではなく、

あなたが選んでいる色は、無意識でもそうでなくても

そのときのあなたそのものだということを、まず知っていただければ、

この記事は大成功です。

まとめ

色には、性格があり、個性があります。

どの色にも、得意分野があり、プラスの部分とそうじゃない部分の両面があります。

 

長所と短所は、うらおもて。

 

これって、人を表現するときによく使われる表現ですが、

色も同じです。

 

あなたが最近、ふと選んでいる色は

あなたの今を表現するメッセージであり、

もう一人の自分からのメッセージでもあります。

 

そんなことをこれから書き綴ってまいりますので、興味を持っていただければ大変嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

にじの青

この記事を書いている人 - WRITER -
地方都市在住のニッチ過ぎるセクシャルマイノリティ。身体、メンタル、スピリチュアル系を色々独学してきたことを自分なりに取り纏めて行きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© R28 学校では教わらない28才からの性教育 , 2018 All Rights Reserved.